先発明

米国

...情勢に応じて、これまでに何度も大きな変化を経ていますが、近年、非常に大きな変化が見られます。2011年には、数年前から毎年のように法案が出されるも成立せず、もう実現しないのではないかとも言われていた先発明主義から先願主義への移行を含む法改正[AIA(America Invents Act)]が遂に成立しました。また、最高裁判所で扱われる知財案件も急増し、実務に大きな影響を与える判決が相次いでいま...

続きを読む

米国(1): 先発明主義から先願主義への移行とグレースピリオド(発明公開後の出願猶予期間)

... 米国の特許制度の最大の特徴は、先発明主義とグレースピリオド(発明公開後の出願猶予期間)でしたが、2011年9月16日にオバマ米大統領が「リーヒ・スミス米国発明法案」(Leahy-Smith America Invents Act))に...

続きを読む

中国(2): 新規性喪失の例外規定

...第一部分、第一章、6.3項「新規性を喪失しない公開」) [日米との比較: 日本も猶予期間は6ヶ月だが、優先日ではなく日本での出願日前6ヶ月以内であることが必要。米国は猶予期間が1年であり、現行の先発明主義下では米国での出願日前1年以内であることが要求されているが、先願主義移行(2013年3月16日)後は最先の出願日(外国出願日でも良い)から遡って1年以内ということに変更される予定。] 公知...

続きを読む

韓国(2): 新規性喪失の例外規定

...国での出願日が公知になってから12ヶ月を過ぎていれば韓国で例外規定の適用は受けられない) [日米との比較: 日本は、猶予期間は6ヶ月であること以外は韓国と同様。米国は猶予期間が1年であり、現行の先発明主義下では米国での出願日前1年以内であることが要求されているが、先願主義移行(2013年3月16日)後は最先の出願日(外国出願日でも良い)から遡って1年以内ということに変更される予定。] 公知...

続きを読む

米国(1)

...に基づくパリ条約優先権主張が認められる3)。 - 出願料は250ドル(約2万円)。 2011年の法改正(Leahy-Smith America Invents Act,AIA)によって米国は先発明主義から先願主義に移行しますが、それに伴って仮出願制度の重要性が増すであろうと言われております。 注: 1) 但し、仮出願の明細書に、発明が理解でき且つ実施可能な程度に記載されていなければ...

続きを読む

各国における先行技術の定義と新規性喪失の例外(Part 1)

...マ大統領が米国特許法改正案"Leahy-Smith America Invents Act"(AIA)に署名し、法律(以下「米国新法」という)として成立しました。この改正における1つの重要な変更は、先発明主義から先願主義への変更です(2013年3月16日から施行)。また、同時にかなり独特であった先行技術の定義も変更されます。先行技術の定義の変更は、基本的には日本などの諸外国の制度との国際的調和を図...

続きを読む


お問い合わせ

Share | rss
ホームページ制作