保護適格性

プロメテウス事件に基づく特許適格性分析指針とクレームのドラフティング

...、101条の問題は回避できた可能性が高いと思います。 また、単に101条を満たすことのみを目的とすれば、「治療効果を最適化する方法」ではなく、「免疫介在性胃腸疾患の治療方法」にしておけば、特許保護適格性が認められた可能性は十分にあると思います。「治療効果を最適化する方法」としたために、最高裁は、特定の薬物血中濃度が投与量の増減の必要性を示すという部分のみを、発明の実質的な特徴と見なしましたが、...

続きを読む


お問い合わせ

Share | rss
ホームページ制作