中国特許 早期権利化

中国特許出願の重要性

...ら米国への出願件数は約84,000件、欧州への特許出願件数は約42,000件でした。 更に注目すべきは、中国国内の出願人による出願が占める割合は、かなり高いことです。例えば、2010年における中国特許出願の約75%、実用新案出願の約99%、意匠出願の約97%が中国国内の出願人によるものです。 上で、2010年における中国国内の出願人による出願が約120万件であったことを述べましたが、その内...

続きを読む

特許出願明細書の中国語翻訳に関する問題点

... 日本における我々のお客様も中国への特許出願についての関心が高く、中国特許出願に関して相談を受けることがありますが、殆どの方が特許出願明細書の中国語への翻訳に対する不安を口にされます。 現地語への翻訳が必要なのは、特に中国に限った話ではありませんが、中国が殊更問題視...

続きを読む

井上&アソシエイツにおける対策

...上記のようにして作成した英文明細書を中国語に翻訳するよう指示し、PCT和文明細書は 参考程度に使用するように指示致します。そのようなやり方で、中国代理人から内容に関する質問などは殆ど来ませんし、中国特許庁から記載不備の拒絶を受け ることも殆どありません。 弊所が作成した英文明細書の質は、欧米の代理人にも高く評価されており、優れた中国語明細書の作成に大いに貢献できるものと考えており...

続きを読む

欧州(9): 早期審査・審査促進(特許審査ハイウェイ(PPH)等)

...する種々の資料等の提出が必要になるため、代理人手数料が高くなります。どの程度高くなるかは、資料のボリューム次第です。 従って、手間と費用の観点からは、PACEの方が有利であると言えます。 早期権利化 PPHも結局、申請が認められればPACEプログラムに従って処理されるため、最初の審査通知が出るまでの期間は、PPHでもPACEでも大きな差はないと思われます。 PPHの利用は、日本や米...

続きを読む

中国(3): 現地の特許事務所

...に出願する際の誤訳が大きな問題となっておりました。しかし、自由化から久しく、厳しい特許事務所間の競争を生き残った事務所には信頼をおける事務所も増えてきているようです。弊所ではCCPITを含む5つの中国特許事務所と仕事をしておりますが、どの事務所も特に大きな問題を起こすこともなく誠実に仕事をこなしてくれています。 ...

続きを読む

中国(4): 模倣や個人輸入の問題

...知的財産権問題)。 中国での模倣や中国からの個人輸入は仕方ないとあきらめてしまえばそれまでですが、中国の市場規模の大きさ及び生産能力の高さからして「仕方ない」で済むレベルでは無いと思います。中国特許を持っていても模倣や個人輸入を完全に抑制できないにしても、特許が無ければいざという時に戦う武器が全く無いことになってしまいます。 模倣に関しては、問題は明らかであると思いますので、個人輸入の...

続きを読む


お問い合わせ

Share | rss
ホームページ制作