中国実用新案 独立項 1つ

中国(1)

.... 中国の場合は、米国及び韓国とはルールが違います。 例えば、「【請求項4】請求項1~3に記載の化合物と・・・とを含む混合物」のようなクレームは米国、韓国などでは従属項とみなされますが、中国では独立項と見なされます。 従って、例えば、請求項3が請求項1と2に多項従属していた場合、上記の請求項4は、米国及び韓国では、二重に多項従属する従属項として許されませんが、中国においては、請求項4は独立...

続きを読む


お問い合わせ

Share | rss
ホームページ制作