中国実用新案 出願費用

各種出願料金(概算)

...、より詳細な料金やお見積もり(無料)をご希望の際には、こちらのお問い合わせフォームまたはお電話(03-3582-2971)にてご連絡下さい。 I. 特許 I-1. 日本国内特許出願 ・出願費用 : 約25~35万円(政府費用含む)(難易度、請求項の数、明細書の長さ等により変動) ・審査請求 : 20万円前後(政府費用含む)(請求項の数により変動) ・中間処理 : 約10~20万...

続きを読む

PCT(6): 国際出願のメリットとデメリット

...に基づいて補正可能です。これに対して、パリ優先の外国出願では、たとえ優先権出願に記載が有っても、外国出願明細書に抜けている記載を補正で補うことはできません。 PCT国際出願のデメリット  出願費用 特に出願国の数が少ない場合(例えば3ヶ国以下)は、PCT出願費用がかかる分、出願費用が高くなってしまいます。 しかし、例えば、優先日から1年以内に重要な国が絞りきれずに、安全策をとって数...

続きを読む

PCT(7): 国際出願用の明細書作成

...必要があります。 最先の日本出願とPCT国際出願の性質の違いを考えるならば、日本出願については、多少、明細書の質を犠牲にしても速やかに提出されるのが一般的であり、一方、PCT国際出願は、高額な出願費用をかけて、多くの場合数カ国での権利化を目指す重要な発明に関するものですから、外国において可能な限り確実に権利化できる内容の明細書とする為、明細書の質の向上に努めることが望ましいと考えます。 P...

続きを読む

その他(商標)

... さらに、登録後も更新、各種変更手続きを一括で行うことができます。 デメリット マドプロ出願の場合、先ず、日本に出願する必要があります。従って、日本での商標権が不要という場合は、日本での出願費用が無駄になってしまいます。 また、国際登録の日から5年以内に基礎出願が拒絶、取下げ、若しくは放棄となった場合や基礎登録が取消された場合、マドプロ出願・登録も取消されてしまうという不利があります...

続きを読む

日本:外国特許出願費用助成事業の公募

... 東京都知的財産総合センターは、外国特許出願費用助成事業の公募を実施します。受付期間は以下の通りです。 第1回:平成30年4月2日(月)~7月13日(金) 第2回:平成30年7月17日(火)~11月9日(金) 助成率1/2以内、助成限度額3...

続きを読む


お問い合わせ

Share | rss
ホームページ制作