中国国内  特許を取得するには

PCT・諸外国の出願手続きの特徴

...しくはこれに韓国を加えた四極でしたが、近年、中国が知的財産の強化を国家戦略として掲げ、中国企業による出願が急増しており、上記の三極若しくは四極に完全に食い込んだ形となっております。2010年には、中国国内における特許出願件数はついに日本国国内における出願件数を抜き、さらにはその約7割が中国国内の企業などによる出願となっております。10年前には、中国国内における出願件数は日本の1割強程度であったこと...

続きを読む

中国特許出願の重要性

...日本企業の中国における知財戦略も変化してきています。近年は、中国を生産拠点としてのみならず開発拠点として重要視する日本企業も増えています。 中国における特許、実用新案及び意匠の合計出願件数は、中国国内の出願人によるものだけでも2010年において約120万件(特許出願は約40万件)であり、中国政府は、2015年には約200万件にまで増加させる計画を明らかにしています。 また、中国国内における...

続きを読む

井上&アソシエイツにおける対策

...意を払います。従って、日本基礎出願 → PCT出願 → 指定国移行と進むにつれ、明細書の質が向上し、外国代理人に送付する英文明細書は高度に洗練されたものとなります。 従って、弊所でPCT出願の中国国内移行を行う場合、通常、上記のようにして作成した英文明細書を中国語に翻訳するよう指示し、PCT和文明細書は 参考程度に使用するように指示致します。そのようなやり方で、中国代理人から内容に関する質問...

続きを読む

中国(4): 模倣や個人輸入の問題

...り一旦日本に輸入されてしまえば、それを規制する有効な手段は無いというのが現状です。 個人輸入に対する対応策 上で述べたような問題点を鑑みますと、個人輸入対策としては、中国で特許を取得して、中国国内での製造・販売、中国国外への輸出を抑止するということしか無いと思います。 即ち、中国において特許権を有する場合、中国国内で特許製品を製造・販売する行為や中国国外に輸出する行為は侵害行為となり...

続きを読む

中国(5): 早期審査・審査促進(特許審査ハイウェイ(PPH)等)

...る場合にはJPOの審査結果に基づくJPN-PPHの適用は受けられません。(中国出願に基づく優先権主張をした日本出願であって、JPOが審査を開始する前に中国出願が先に特許になった場合には、SIPOの中国国内出願の審査結果を利用した特許審査ハイウェイをJPOに対して申請することができます。) 更に後述するように申請可能な時期についてもかなり制約が有ります。 (II-1b) JPOによる特許...

続きを読む

中国(1)

...とが必要。ただし、例外として、審査請求と同時であればPPHの申請が可能。)  - 当該中国出願に関し中国特許庁において、PPH申請時に審査の着手がされていないこと。 Q. PCT国際出願を中国国内段階に移行する際に、明細書の中国語翻訳文の提出を延期して、30ヶ月の移行期限の後に提出することはできないのか? A. 中国では、翻訳文の提出の延期という形でなく、30ヶ月の移行期限について2ヶ...

続きを読む


お問い合わせ

Share | rss
ホームページ制作