プロダクトバイプロセス 有用性

進歩性の拒絶への対応(Part 2)

...も示唆もされていない効果について、出願後に追加実験において初めてその効果を主張するようことは、日本を含む多くの国(米国を除く)では認められません。そのような主張を認めてしまうと、実際には出願当時には有用性が確認されていないかった発明について、特許を認めてしまうことになるからです。 尚、平成21年(行ケ)第10238号審決取消請求事件の知財高裁判決(日焼け止め剤組成物事件)が、実施例の後出しが認...

続きを読む

進歩性(非自明性)の判断基準

...範囲外となった対象については、後から権利主張することはできないということを念頭に置いておくことが必要です。 もちろん、補正を渋ることで権利化出来ないのであれば本末転倒ですが、進歩性明確化の為の有用性と将来の権利行使の双方の観点から、どのような補正を行うのか決定することが重要です。 まとめ 上記の要点を以下にまとめます。 - 進歩性欠如に基づく拒絶理由を受けた場合には、明確な阻害要...

続きを読む

中国(6): 実用新案(実用新型専利)の有効活用

...ことが出来るという点も、中国における実用新案が広く活用されている要因の一つであると考えられます。 そして、実用新案制度が存在せず馴染みの無い国(米国など)や実用新案制度があっても権利行使が難しく有用性が低い国(日本、ドイツなど)が多いことから、中国国外の出願人にはあまり利用されていないというのが現状のようです。 概要 権利の種類 中国特許法(専利法)によれば、日本における特許、実用...

続きを読む

「知財管理」誌掲載(2016年12月)

...直的な運用が否定され,自明性判断は「常識」と「全ての公知情報」に基づいて柔軟に行うべきであるとの判断が示されました。非自明性の判断基準が厳しくなるにともない,審査官の再考を促すための二次的考慮事項の有用性が増しています。自明性判断の基本を復習してから,二次的考慮事項の適切な扱い方を検討します。 ...

続きを読む


お問い合わせ

Share | rss
ホームページ制作