ターミナルディスクレーマー 権利

弊所の基本理念

... 例えば同じ所有権でも「土地」であれば、明確な境界線を引いて権利を主張することができます。 一方、特許は、無形の知的財産に関して、言葉で目に見えない境界線を引くことにより、自らの権利範囲を明らかにしなければなりません。これは大変な知識と技術を要する高度な作...

続きを読む

弊所の特徴

...思います。後述するように、そのようなやり方には様々なデメリットがあります。 弊所では、外国出願であっても、成功するか否かは我々の責任であるという認識を常にもって、ご依頼いた件は必ずや有用な形で権利化するのだという強い気持ちで取り組みます。 実際に、これまで非常に優秀な実績をあげており、外国特許出願に関しましては、出願人の都合により出願放棄したような場合を除いては、ほぼ100%特許成立させ...

続きを読む

係争事件

...おける無効・侵害訴訟手続きなどの経験が豊富です。お客様より基本方針のみを伺い、弊所で徹底した調査・検討をした上で作成した書面により目的を達成したというケースもございます。 防御のみならず、他者の権利を攻撃する際にも力を発揮し、高い確率で成功に導きます。例えば、欧州特許に対する異議申立において、特許取り消しとなる割合は全体の約1/3ですが、弊所経由で異議を申立てた件では2/3以上を特許取り消しに...

続きを読む

知的財産権の管理

... 特許、実用新案、商標、意匠などに関する出願から登録にいたるまでの手続きに加え、権利化後の年金管理・更新手続きなども行います。 弊所では厳重な管理システムを構築しており、当然のことながら期限管理上のミスが発生したことはございませんので、安心してお任せ頂けます。 ...

続きを読む

ご挨拶・併設特許事務所・推薦状

...のレベルが如何なるものであるかは、彼らの作成した書類を一見すれば一目瞭然です。 更に、永年にわたり数多くの国々における特許取得に携わって来た豊富な経験と相俟って、適切な判断により早期且つ確実な権利取得に必ずや貢献してくれるものと確信し推薦します。 (平成17年11月寄稿) 平井 英史(東京大学名誉教授、工学博士、日本化学会賞受賞(1984年) 井上所長をはじめとするスタッフは、諸外国...

続きを読む

課題1:出願明細書の質と出願コストのバランス

...略における重要なツールであるならば、出願時は費用よりも明細書の質を優先すべきであると考えます。 質の高い明細書は、以下のようなメリットをもたらします。  ① 中間費用(拒絶に対する対応など権利化までのコスト)の低減  ② 特許不成立又は無効となるリスクの低下  ③ 意図した範囲の特許保護  ④ 意図した範囲の技術に関するライセンス料の回収 従って...

続きを読む


お問い合わせ

Share | rss
ホームページ制作