”more likely than not ” 特許

米国(2): RCE (Request for Continued Examination)

...ている段階であれば請求することができます。具体的には、例えば、以下のような状況で、RCEが可能です。 ・ 最後の審査通知(Final Action)発行後で且つ出願放棄確定前 ・ 許可通知(Notice of Allowance)発行後で且つ登録料納付前 ・ USPTO審判部における審判係属中 審判請求書(Notice of Appeal)提出後に、RCEした場合には、審判請求は取...

続きを読む

米国(4): 情報開示義務(IDS)

...許は認められません。 IDSは、登録料(issue fee)支払までであれば提出することができます(37 CFR 1.97(d))。 出願から3ヶ月以内または最初の審査通知(拒絶理由通知又はNotice of Allowance)発行のうち何れか遅い方までであれば、提出料は不要です(37 CFR 1.97(b))。 上記以後は、提出料[$180(37 CFR 1.17(p))]が必要に...

続きを読む

米国(5.1): 特許の取消し・無効を請求する手続き[付与後異議(Post-grant review)等]

... - 異議申立て申請書が、特許の少なくとも1つのクレームが無効である可能性が有効である可能性よりも高いことを示していると認められる場合(the petition demonstrates that it is “more likely than not” that at least one claim of the challenged patent is unpatentable.) - 他の特許や特許出願にも重要な影響を及ぼす新規又は未解決の法的問題を提起する場合(the ...

続きを読む

米国(6): 早期審査・審査促進(特許審査ハイウェイ(PPH)等)

... Act: AIA)の発効とほぼ同時に導入された新しい制度です。 2011年9月26日以降に提出された出願について、この優先審査制度を利用すれば、平均で12ヶ月以内に最終的な審査結果(許可通知(Notice of Allowance)または最終拒絶(Final Rejection))が得られることになっています。(尚、この優先審査は"Track One"と称されておりますが、"Track Tw...

続きを読む

欧州(5): 審査

...因する先行技術に対する該発明のアドバンテージを特定することです。このアドバンテージを上記の「技術的課題」と考えれば良いと思います。] (iii)  considering whether or not the claimed invention, starting from the closest prior art and the objective technical problem, ...

続きを読む


お問い合わせ

Share | rss
ホームページ制作